家庭教師と塾の特徴

講師とマンツーマンで相対するのが特徴の家庭教師ですが、かつては富裕層の子弟などが身分に相応しい知識を得るために存在していました。しかし今では日本全体が豊かになり、エリート思考や受験競争の激化などの影響により学習塾と並んで一般的な学習スタイルの一つとなりました。現在、日本の教育システムは小学校から中学校までは義務教育を受ける義務があります。中学卒業後のクラスの100%近くが進学をし、「お受験」という言葉も存在するように小学校受験や中学校受験が盛んな昨今、ほとんどの学生が学校以外の教育システムを経験しているにではないでしょうか。

特徴としては、集団学習型の塾は他者との比較がしやすく、授業についていければ確実に計画的に学習が進めやすいという特徴があります。過去のデータやシステムが、個人で教える家庭教師よりも確立されもいます。対して、前出のとおり講師とマンツーマンでの学習するため、個人のペースや理解度に合わせて進んで行けるのが家庭教師の特徴です。塾ではできない、細かな勉強のコツを学べ、個人的な質問もスムーズで苦手科目を克服したい場合には有効となります。

実際に学校外での学習環境を考えた場合、これらの特徴が大事な判断材料とされています。さて、それぞれの特徴を備えた家庭教師と塾ですが、少子化の波を受け需要競争は厳しいものとなっています。それと共に、学ぶ側の要求もレベルアップやより細かいケアを求められる時代となっています。塾においてはデメリットとされていた細かい個人指導をカバーする存在として台頭してきているのが個別指導塾の存在です。個別指導塾は、塾における家庭教師的な存在となり得ているのでしょうか。

[注目サイト]
プロ家庭教師と呼ばれる一流の先生のみを選抜して紹介してくれるサービスです・・・プロ家庭教師

 

Copyright © 2014 知っておきたい家庭教師の特徴 All Rights Reserved.